読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

superhacker!

人生で一度もやったことがない事をやるブログ

#3 サインを作る

author: aanrii

「明日までに自分のサインを作らなければならない・・」

経緯をご説明すると、俺はバンドをやっていて、6/29に新たなEPを発売します。全国のタワレコビレバンに陳列されるそうです。それで、EPの初回特典付録としてポスターをつけるのですが、このポスターの何部かに、俺を含むメンバー直筆のサインを書かなければならないのです。

ところがどっこい、俺は自分のサインを考えたことがない。早速作りましょう。

理論

サインの作り方について解説しているサイトがありました。英語です。

www.wikihow.com

ざっくりまとめると、

・既存のデザインを真似しろ

・特定の文字をデカく書いたり、アンダーラインを引いて強調しろ

・数字や記号などを取り入れてアクセントをつけろ

みたいなことが書いてあります。やはり、創作の基本は模倣というわけですね。というわけで、先達たちのいろいろなサインを見てみましょう。ググるといろいろ出てきます。

signature - Google 検索

autograph - Google 検索

以下、俺が気になったサインです。

・ケニアのケニヤッタ大統領(Uhuru Kenyatta)

f:id:aanrii:20160616003434p:plain

・アメリカのルー財務長官(Jack Lew)

f:id:aanrii:20160616003931j:plain

ベネズエラの故チャベス大統領(Hugo Chavez)

f:id:aanrii:20160616010504p:plain

こうしてみると、俺は文字列の体をなしていない、図形的なサインが好きだなあということに気づきました。ルー財務長官に関しては、異彩を放ちすぎてて、もはや別の概念といった感じすらします。

よくよく考えてみれば、サインというのは、「自分であることを証明するための『図形』」であるわけで、とどのつまり文字である必要はないのです。実際、日本に古くからあるモノグラム型のサインである花押にしても、自分の名前にない漢字を花押に採用するケースもあるみたいですし。つまり、その図形と自分の存在が1対1で対応していることが重要。

実践

では早速考えてみましょう。俺の名前はaanriiです。

f:id:aanrii:20160627005155j:plain

言い忘れていましたが、俺は字が汚い。

筆記体にしてみましょう。

f:id:aanrii:20160627005156j:plain

少し崩してみましょう。

f:id:aanrii:20160627005158j:plain

先頭の「aa」という部分をつなげてみます。

f:id:aanrii:20160627005159j:plain

この図形を見ると、①「a」の頭のカーブと、②そこから5回連続で続くギザギザ、そして③「ii」の点々、という3つの特徴で構成されている、というように、図形を抽象化して捉えることができそうですね。

これらの特徴について、それぞれを単純化することで、最終的に次のようなサインを作りました。

f:id:aanrii:20160627005201j:plain

これが完成系です。文字っぽくもあり、抽象度も高い、いい塩梅になったのではないでしょうか。曲線の始点と、下部の2個目のギザギザの先端の位置が縦に並ぶようになっているのがミソです。

ちなみにこのサイン、めちゃくちゃ書きやすい。1秒で書けます。尚且つ抽象度が高いので、急いでクソ適当に書いても図形として破綻しにくいというロバストネスがある。ポスター100枚ぐらいあったんですが、スイスイ書けました。

そんな俺の直筆サインが書いてあるポスターは、6/29に発売されるumber session tribeの2nd EP"Dude?!!!??!"をタワレコでお買い求め頂いたお客様限定に、特典としてお渡しします!買ってね!!

http://umbersessiontribe.rojo.jp/

感想

「サインを作った」って言うと、未だに有名人に憧れているのか、恥ずかしくないのか、中学生かお前は??とか言われそうですが、サイン作り自体は、何かを「デザイン」した経験のない人でもわりと簡単に楽しく取り組めるデザイニング体験だと思います。多分それは、「自分の名前」が明確なモチーフとなり、そしてデザインの起点として機能するからでしょう。暇な人はぜひやってみてください。君も自分だけのサインを作って一人でニヤニヤしよう!

今回は「aanrii」の筆記体から考えてみましたが、今後モノグラムとかも作ってみたいですね。花押やトゥグラ的なアプローチもぜひ実践してみたい。

余談

サインのデザイン自体が結構抽象的なので、ちょっとひねってこんなバージョンも作って見ました。

f:id:aanrii:20160627015133j:plain

これは将来的に、俺の「ロゴ」を作る時に使いたいと思います。

#2 私的プリントーナメント

author: IDeeez

 

毎回のプリンオポチュニティ(プリンを食べる機会の事をそう表します)で常に最善のプリンをセレクトする為、一度味を比べる必要があるということで近場のコンビニを回って購入した7種のプリンを闘わせるプリントーナメントが発足しました。

 

選手逹です。

f:id:aanrii:20160610003956j:plain

 

審査員は僕とaanriiの二人で務めるので、まず各種一口ずつ食べた後にそれぞれ感想を記入し、全種回った所でお互いの感想を発表し審議するという形式を取ります。

 

 

結果

 

第7位: 朝採りたまごの焼きプリン

f:id:aanrii:20160612013417j:plain

第一印象で「かなりアッサリしている」と記入してしまったのですが、それはイケてないプリンを掴まされた自分に対してソフトな表現になってしまっただけで実際にはただただコクが皆無です。

あとケミカル感が強く、風味の不自然さが目立ちます。

そして食感がキモく、プッチンプリンの食感をツルツルと表するとしたら、こっちはブリブリしています。寒天とかのノリに近いかも。

甘味も薄くケミカル方面に振り切れてもないし商品として中途半端な感じがあります。これに金を払ったことが罪で、これを食べることが罰です。もうこのプリンを買うことはないでしょう。

 

第6位: 森永の焼きプリン

f:id:aanrii:20160612013508j:plain

森永のブランド力とかパッケージデザインの商品感的に安牌な感じがしてたんですが全然そんな事はありませんでした。ブランド力とかデザインは大切。

口に入れるとまず「焼き」から来る独特の醤油っぽい風味が鼻に抜けます。この風味がプリン全体に波及しているので終わってます。これがなければ5位になれたかも。

このプリンも全体的にケミカル感が強いですがケミカルプリン(ケミカルなプリンをそう表します)として押さえるべき所は押さえている感じがあり、上述の風味と食感がブリブリしている以外のプリンクオリティはそれなりという感じです。

 

5位: プッチンプリン

f:id:aanrii:20160612013628j:plain

 

これを指標として他の順位を決めようみたいな文脈で買ったのですが、よく考えたらこれは全然プリンの味がしないのであまり役に立ちませんでした。

他のプリンと比較しながら食べるとあまりにも独自の路線を走り過ぎてて完全に謎です。

マクドナルドのハンバーガーが食べたいみたいな感じで食うのが正解と思われます。

独自のポジションを確立しており、これはこれでアリなので5位です。

 

4位:ミニストップ とろけるカスタードプリン

 f:id:aanrii:20160613230318j:plain

5,6,7位と比較してここから味のクオリティが飛躍的に上がります。

今回ノミネートされたプリンはどちらかというとしっかり系のプリンが多い中で、これだけヤワヤワのクリーム系でした。

とてもクリーミーでうまく、カスタードのコクが強いです。

個人的には推したかったのですが上述の他のプリンと毛色が違いすぎるという部分で公平なジャッジが難しく、僕がクリーム系のプリン好きなだけでは説が濃厚である上、僕がクリーム感に精神を揺さぶられた際にaanriiが「いやプリンとしてのクオリティという観点でだけ見たときにこいつはそうでもないぞ」みたいな事を言っていたのでそんな感じと思われます。4位。

 

 

 3位:森永 卵が濃いとろ〜りプリン

f:id:aanrii:20160614001824j:plain

6位でめちゃ酷評してしまった森永ブランドのプリンですがコイツはイケてます。

それなりにとろ〜り感はありますが4位とかのクリーム系と比べるとしっかりとした固さがあり、どちらかというとふわふわした優しい感じ。うまい。

6位は完全にケミカルでしたがこっちはかなり自然なプリンの味わいになっています。

全体的に甘みとかプリン味が若干濃いのでは説もありましたが、他のプリンよりも小ぶりのサイズなのでちょうどいいかも。

 

2位:ローソン 和三盆プリン

f:id:aanrii:20160614010545j:plain

aanrii的にはこっちが1位とのこと。まあいいか

3位とかなり大きく差をつけている印象があります。

食感は割としっかりめですが他のプリンに散見されるケミカルな固さが全く無く、しっかりしつつもなめらかな口どけが感じられます。

あと味が濃いというか卵の味がちゃんとするプリンです。朝採りたまごの焼きプリンはかなり卵をフィーチャーしている風だったのに一体何をやっているのか。

サイズ的には他のより一回り小さいものの卵のコクと共に和三盆の優しい甘さがいい感じになりつつ、舌に残る油っぽいべっとり感も全く無いのでマジうまいの一言です。

原材料名の欄には牛乳、卵、和三盆糖、グラニュー糖の4種。小手先でごまかさずプリンの味クオリティで勝負をする男らしさが伺えます。信用できる

 

1位:セブンイレブン なめらか濃厚プリン

f:id:aanrii:20160614005408j:plain

和三盆プリンと甲乙付け難いのですが主観でこっちが1位です。

食感については7種の中だと和三盆プリンと違ってヤワめな食感ですが、自然で優しい味、卵の香りがステキという部分では和三盆プリンと似た褒め方になってしまう感じです。マジうまい。

では僕がヤワめの方が好きかもしれないというのは置いておいて、一体何がこのプリンを1位たらしめているのかというとズバリ、カラメルの有無です。和三盆プリンにはカラメルが無いのです。

一方こっちのプリンはカラメルの味もかなりカラメルカラメルしており、ちゃんと程よい苦味もあってカラメルにもこだわってる感がビシバシ伝わってきます。

こっちのプリンはそれなりに量もあるので、そろそろ飽きてきたかなというくらいでプリン部にカラメルを絡める(うまい)と心機一転クリーンな心でくそうまい味を楽しむ事ができるという寸法です。一石二鳥というやつです。

よって1位です。

 

 

感想

 

今までなんとなく各プリン間でどっちがおいしいみたいなのはありましたが、リアルタイムに比較したことで面白いくらい味に差があると気付くことができました。

僕は普段何か物を食べた時に「まずいなあ」と思うことはほぼ無いので、このトーナメントを実施していなかったら毎回のプリンオポチュニティで森永の焼きプリンを食って普通に満足していた可能性があります。なので今回のトーナメントは僕にとって非常に意味のある物だったと言えるでしょう。

僕の周りにも割と何食ってもまずいと思わないんだよねみたいな良い奴がいっぱいいるのですが、どうせ100円200円払ってプリンを食べるのならば、よりおいしいプリンを選択できた方が人生を幸せに過ごせるかと思われます。

皆さんも積極的にプリントーナメントを開催して自分だけのプリンデータベースを構築しましょう。

 

おわり

#1 真空トンカツを作る

author: aanrii

真空トンカツとは、真空調理によって作る、サクサクでクソ柔らかい画期的なトンカツです。しかも誰でも簡単に作れる。最高

f:id:aanrii:20160611003918j:plain

小林銅蟲氏に影響されてせっかく真空調理器具(Anova)を買ったので、作ってみようと思いました。

理論(真空トンカツとは?)

まず「真空調理(低温調理)」って何なのという話ですが、ここでは「ジップロックに食材を入れ、袋中の空気を抜いて、それを温度管理されたお湯の中に浸けて加熱する」調理方法を指します。

何故そんなことをするのかというと、まず肉は基本的に、加熱して殺菌処理をしなきゃ食えない。だから何かしらの方法で肉を加熱する必要があるんですが、ここで加熱温度を見誤ると、肉の中の水分が流出し始め、そしてタンパク質が凝固してしまうので、結果パサついたり硬くなったりで、しょんぼりな仕上がりになっていまいます。

だから、タンパク質が変性し、かつ水分が流出しない58〜68度の温度帯でじっくり調理することで、クソ柔らかくて美味い感じに肉が仕上がる、というわけです(極めてざっくりした理解です)。だから温度管理が必要なのですね。

温度管理とかめんどくせえよバカ!とか言ってるそこのアナタ!Anovaというガジェットがあり、これを鍋に取り付ける事で、鍋の中に入ってる水や食材の温度を0.5度単位で管理することができます。Anovaを取り付けたお鍋の中に水と肉を入れて、温度を設定するだけで、一定温度で肉を延々と加熱し続けることができます。つまりこのAnovaがあれば、誰でもドチャクソ簡単に真空調理をすることができるというわけ。

anovaculinary.com

なんで真空パック?と思われるかもしれませんが、まず肉をパックに入れることで調理器具が汚れるのを防げる。そして、真空にすることで、お湯の熱が肉に伝わりやすくなるのです(他にも利点がいろいろあるっぽいですが割愛します)。

その他、真空調理(低温調理)に関してはこちらが詳しいです。

dabo4217.rakusaba.jp

ところでトンカツとは、言うまでもなく豚肉に小麦粉、卵、パン粉で衣を付け、油で揚げる料理です。「揚げる」という調理方法は、「茹でる」「焼く」など他のそれと違って、食材の表面を高温で加熱することで、表面の水分を蒸発させ、サクサクした食感を生み出す事ができます。そして、油を食材に吸収させることで、旨味をアップさせる効果もあります。

しかし、ことトンカツにおいてその温度加減は非常に難しく、熱が入りすぎて肉の水分が蒸発しすぎてパサパサになったり、逆に熱が入らなすぎて生焼けになったりすることがあります。

そこで、真空調理によって先に肉に熱を通し、後で衣を付けて揚げることで、外はサクサク、中はジューシーな最高のトンカツが簡単に作れる。これが 「真空トンカツ」のいいところです。

実践

f:id:aanrii:20160609163638j:plain

豚肩ロースです。800gぐらい。ハナマサで買いました。

f:id:aanrii:20160609163748j:plain

Anovaちゃん

http://www.seriouseats.com/images/2013/09/20130916-anova-7.jpg

鍋に水を張ってそこに豚肉をパックのままぶち込んだ後、Anovaを鍋に挿します(ここの部分の写真を撮り忘れた。画像はイメージです)。

小林銅蟲氏を見習って、Anovaを58℃に設定した後12時間放置します(ちなみに、食品衛生管理法だと肉の芯温を63℃で30分加熱しなきゃならないので、厳密に言うと違法です。別に外食店をやってるわけじゃないので関係ないのですが、腹下しても自己責任です)。

先ほど言いましたが放置するだけで勝手に肉が真空調理されていきます。温度を設定したら、とりあえず寝ます。

 

〜翌朝〜

 

f:id:aanrii:20160609164531j:plain

f:id:aanrii:20160609164955j:plain 

薄気味悪い肉塊が誕生

f:id:aanrii:20160610195249j:plain

包丁で切ると断面はうっすらピンク色でした。

f:id:aanrii:20160609164750j:plain

 適当に切り分けた後、衣をつけ、揚げます。

そう、この日は月曜日だったのです。

f:id:aanrii:20160609170950j:plain

キャベツの千切りが上手くいかず、太くなってしまいました。マカロニサラダはお母さんが作ってくれました。

感想 

まず食感はサクサクでなんといっても肉がクソ柔らかいです。そしてジューシー。さすが真空調理。

しかし、俺とIDeeezにトンカツの常識(というか料理の常識)があまりなく、衣つける前に肉に塩胡椒とかするのを失念していたので、下味がなく、そこは反省点でした。

真空調理シリーズは今後もやっていきたく、というかジビエに挑戦したいです。そのうちやります。

f:id:aanrii:20160611004145j:plain

お父さんが撮ってくれました。ヒゲのある方が俺です。ヒゲのない方はIDeeez(陰毛も剃っているらしく多分ありません)。

参考文献

今回は小林銅蟲氏のブログにインスパイアされて作りました。俺は小林銅蟲氏のファンです。

negineesan.hatenablog.com

dabo4217.rakusaba.jp 

補足

今円高なのでAnova買う時は海外のAmazon.comから直接個人輸入したほうが安いかもしれません。僕はそうやって買って、3、4000円ぐらい得しました。